福岡逆子花粉症蒸しりんご

福岡の逆子.陣痛.花粉症なら安心の女性鍼灸師【蒸しりんご】

トップ > その他鍼灸 > 子宝鍼灸

子宝鍼灸をご希望の方へ


その他鍼灸 : 美容鍼 ・ ■その他鍼灸 : 子宝鍼灸

体外受精さえすれば妊娠するかと思っていました。やっぱり体作り大事なんですね。だからみんな鍼灸を併用するんですね

 

 

初めて訪れてくださった方へ

患者様から口コミ人気の鍼灸院。女性の先生鍼灸師

オーナー鍼灸師の平沼公代です。
女性専門の鍼灸院として開業したのが2000年。

そこから今までずっと、専門の1つとして子宝鍼灸の患者様を診させていただいています。

妊娠のための体作り、【着床し、出産に至る卵】のために
鍼灸を併用してみようと思われた方はいつでもご相談下さいませ。


 

福岡不妊鍼灸院りんご堂ご予約はこちら

 

 

体外受精で必須の鍼灸治療

採卵前と体外受精胚移植前後の鍼灸は必ず受けて下さい

 

 

■鍼灸治療の不妊治療に対する目的

 

 

基本的には、鍼灸は体作り、つまり妊娠しやすい体を作ること という体質改善が大前提です。

 

 

そのうえで、ピンポイントで、重要な時期に治療を行います。
大事な時期というのは

 

体外受精で言う、採卵の時と移植の時です。

 

 

 

この大事なピンポイントの時に、ご予約多数で治療予約が取れない、ということがないように
鍼灸治療で子宮力アップ
ご予約の人数を制限させていただいています。

 

 

鍼灸の効果として、やはり治療直後の身体への効果は確実にあります。
つまり、針とお灸という刺激(といっても痛い、熱いものではないですが)

 

直接刺激をすることによる身体反応としての直後効果です。

 

 

その効果があるからこそ、採卵や移植というピンポイントな時期の治療を必須としています。

 

 

ただ、治療直後の効果は、やはり一過性のものです。

 

その効果を長く持続させるためにも、体の底上げが必要ですし

 

東洋医学本来の目的である”妊娠しやすい体作り”といういわば体質改善の治療を
ベースに行なっている上で

 

ピンポイントの治療がより生きてきます。

 

 

 

■よもぎ蒸しと鍼灸の併用で不妊治療によりよい効果を

 

当院では、予約多数でなかなか鍼灸が受けられないこと
また、体質改善が鍼灸だけでは追いつかないくらい、冷えている女性が多いこと
金銭的にも続けやすいこと
鍼灸と漢方の相性はとても良いこと

 

 

上記を理由に9年前から
本格的によもぎ蒸しと鍼灸を併用して治療を行なっています。
この鍼灸とよもぎ蒸しの併用の治療院は、りんご堂が日本で初です。

 

よもぎ蒸しで骨盤内血流促進冷えとり
現在は、よもぎ蒸しのお店として
広く女性の養生貢献のためのお店を開き
その店内の個室にて、鍼灸治療を承っております。

 

 

また、自宅でよもぎ蒸しができるように、購入はもちろん
体外受精で体作りのために鍼灸を受診される方には
レンタルセットの貸し出しを致しております。

 

できるかぎり、日常で体の底上げをしていただきつつ
来るべき重要な局面では、必ず鍼灸を外さず入れて頂きます

 

 

 

 

不妊治療になぜ鍼灸が効果的なんですか?

 

 

鍼灸がいいと聞くけれど、でもどうして効果的なのだろう?という疑問を持つ方も多いと思います。

 

鍼灸の効果

 

鍼灸治療そのものは、体質改善、養生の東洋医学です。
深く深遠な東洋医学の理論は、信じがたいと思われる方もいるかもしれませんが
経験の医学として古い歴史があり、ここはもう、信じていただくしかない、といえます。

 

 

一方で、鍼灸は人の手が直接肌に触れる、かつ、
【針とお灸という物理的な刺激を身体に与える】

 

このことによる、身体への作用が、マイルドながらも効果が高いのです。

 

 

鍼灸の効果1鍼灸をすることで血流が良くなる
 体質として、回りの良い体になるという意味もありますが、鍼と灸という物理的な刺激を与えることで
 直後に血流が良くなるという効果は、治療をウケたすべての人に確実におこります。
 このため、採卵前後や移植前後に治療プランを組み立てます。

 

 

鍼灸の効果2骨盤内組織、卵巣、子宮代謝促進

 

鍼灸の効果3精神的なリラックス
 不妊治療はやはり根を詰めて頑張っている方が多いのが現状です。
 あの重苦しい不妊専門病院の雰囲気、お医者様とのやり取り、薬や注射、毎月の生理に涙し、心無い言葉に涙し・・・

 

 ホルモンバランスはストレスの影響も受けやすい以上、リラックスし、息抜きできることは重要です。
 鍼灸治療にはリラックスの要素も多分にあります。

 

 

 

体外受精と鍼灸併用の治療の流れ

 

 

■鍼灸はどのようなスケジュールで通院するのですか?

 

体外受精と鍼灸治療の組み合わせ治療計画

 

 

鍼灸治療で重要なことは
1. 本来、『妊娠しやすい体作り』というように、体質改善をする医学であること を大前提として

 

2. 直接的な鍼灸の治療効果により血流改善、代謝改善、それが子宮内の血流を上げ、卵質向上、着床率アップに繋がるため

 

採卵前後、移植前後のポイント的な時期での鍼灸治療は必須です。

 

 

そのため、これまで一緒に体つくりに取り組まれてきた方々が、大事な時期に予約がいっぱいで治療ができないということがないように
患者様の数は制限させていただいております。

 

 

全体的な体作りには、ほぼ17年のよもぎ蒸し施術の経験からも、よもぎ蒸しもかなり貢献しますので
当院では、より大事な局面に鍼灸治療を集中できるように環境を整えています。

 

 

 

福岡不妊鍼灸院りんご堂ご予約はこちら

 

鍼と灸への不安〜痛さ・熱さの恐怖〜

 

『鍼灸が不妊治療に効果的なことはわかりましたが

今まで鍼灸をしたことがなくて、やっぱり怖いんです・・・』

こんな声は当然あるかと思います。

 

鍼灸は本当に怖くないです
鍼といえば、縫い針や注射針を想像されるかもしれませんが
鍼灸の針はかなり細く、【髪の毛ほどの細さ】と例えられるほどです。

日本製、使い捨ての衛生的な針を使用しています。


【ちょっとチクっとした】 【何も感じなかった】という感想が最も多いです。

 

それからお灸も、お年寄りがお灸をしているイメージで
山盛りのお灸を我慢しているという

 

印象を持たれている方も
未だに多いですが
それも違います。

 

当院では、間接的なお灸か
米粒よりも小さいくらいのお灸をします。

 

 

基本的にいくらよくても
痛い・熱いを我慢して

 

つらい思いをしてする施術は

 

それ自体がストレスになります。

 

鍼もどうしても怖いという方には
刺さない鍼もあります。

 

 

東洋医学は【気】の調整が本来のもの。
つらい思い、怖い思いをしてまでする医療ではありませんので

 

安心して下さい。

 

どのようにでも、患者様に合わせて
ベストな治療を提供いたします。

 

福岡不妊鍼灸院りんご堂ご予約はこちら
ページのトップへ戻る